ホーム > ブログ > よりきれいに見えるポージング 「ブーケの持ち方」

ブログ

2016年03月27日 結婚準備のコツ・豆知識

よりきれいに見えるポージング 「ブーケの持ち方」

こんにちは。
ブライダルデザイナーのまるみです。
いつもMia Viaのブログをご覧いただきまして
ありがとうございます!

さて、今回は「よりきれいに見えるポージング」について
ご案内をいたします。
新郎新婦様は挙式・披露宴の間、ずっと注目の的。
歩く、立つ、座る、お辞儀をする、階段を降りてくる、
ゲストの方と一緒に写真を撮る・・・など、お2人の
立ち居振る舞いに熱い視線が集まります!

美しいポージングについてご存知だと
当日、自信を持って笑顔で過ごしていただけますので
ぜひ参考になさってください。

シリーズでお伝えしてまいりますが
今回は、新婦様から質問の多い「ブーケの持ち方」について。

新婦様は新郎様の左側に立つことが多いので、
腕を組む時はブーケは左手で持ちます。
片手で持つと無意識に手を下に向けてしまいがちですが
そうするとブーケも下を向くことになりきれいに見えません。
ブーケの正面・上向きをキープするように心がけましょう。

まず、ブーケを持ったら腕を「く」の字に曲げます。
腕を上げると肩も上がってしまうので、軽く「く」の字に曲げて
さりげなく持っている雰囲気を。

401V7526.JPG

ドレスのラインやデザインにもよりますが、
エレガントに見える基本のブーケの位置は、ウェストのあたりです。
意外にブーケは重いので、疲れてくると、ブーケを持つ手が
下がったり、逆に胸のあたりまで上がってしまいがち。
下の写真は、少し上がりすぎです。

401V7309.JPG



ボールブーケやバッグブーケなどブーケの形によっても
持ち方が変わります。
持ち手の長さによっても持つ位置が多少変わりますので
事前に確認をしておくとよいと思います。

IMG_3996.JPG


IMG_9959.JPG

ドレス試着の時にはアートブーケをお持ちいただいています。
挙式当日、初めて生花のブーケを持って
「こんなに重いの?」と驚かれる新婦様がほとんどです。

挙式当日、新婦様が持たれるものといえば
グラス、ナイフ&フォーク、ご両親への感謝のお気持ちを
こめた花束など・・・。
ブーケの重さは、もしかしたら一番かもしれません。
握力も鍛えておいてくださいね!
ブライダルフェア一覧

ブライダルフェア&会場見学 開催スケジュール・ご予約はこちら

パーティレポート

Mia Viaが選ばれる7つの理由

スタッフ紹介

スタッフブログ

動画

ご相談・お問合せ

ブライダルフェア

見学予約

Mia Via(ミアヴィア)

TEL:06-6330-3900

アクセスマップはこちら

平日11:00~19:00/土日祝10:00~19:00(水曜日休館)

564-0054 大阪府吹田市芳野町13-8 アメニティ江坂内