料理

ゲスト全員が笑顔になるおふたりだけのオリジナルメニュー

MiaViaでは前菜からメインディッシュまで春夏秋冬それぞれに用意されたメニューリストから、ゲストの顔ぶれや好みを考えて選んでいただくプリフィックス・スタイルをご提案しております。

季節に合わせたオリジナルメニューの数々は、旬の素材を存分に活かしたものばかり。素材本来の旨味を感じられる調理法で、これまでに食したことのないイタリアンをご堪能いただけます。

シェフ 植竹隆政

スローフードという精神

Mia Viaのシェフをつとめる植竹隆政氏。
日本で最もスローフードの精神を継承しているシェフのひとりで、バターやクリームを一切使わない素材本来の味を活かしたイタリア料理が植竹氏の真骨頂。

使用する食材は自ら日本中を巡り、直接農家や漁港と契約したものばかり。
料理の特性上、ウェディングでイタリアンを出すのは不可能だと言われる中、調理法や出すタイミングにまでこだわって、幅広い年齢層のゲストに喜ばれるイタリアンの婚礼料理を確立。

温かいものは温かいうちにその料理が一番良い状態でゲストのもとへ

イタリアンでの婚礼料理は、対応する人数や調理方法、メニュー内容からほぼ不可能だと言われてきました。そのような状況下において植竹シェフは大人数での披露宴であっても、ベストなタイミングでサーブできる調理とオペレーションを確立。

こだわり抜いた食材を存分に味わっていただくために、温かいものは温かいうちに、その料理が一番良い状態でゲストのもとへと届けられるようキッチンとサービスの絶妙な連携プレイはまさに芸術的な職人技と言えます。

植竹隆政

1963年神奈川県生まれ。高校卒業後、東京調理師専門学校で和食、中華、西洋料理を学ぶ。卒業後、「バスタパスタ」の開業メンバーに加わり、後に単身イタリアへ渡り3年間の修行を積む。その中で、オリーブオイルとイタリア野菜の美味さに目覚め、帰国後ビゴロッソの料理長を経て、1999年代官山にカノビアーノをオープン。その後、全国各地のレストランの料理監修なども行いながら、各地の学校などで食育の一環として教鞭にも立つ日々を精力的に送る。日本各地の農家・生産者とコミュニケーションを図りながら野菜本来が持っている滋味深い料理を日々提供。

プリフィックススタイル

おふたりの思いを形にした、プリフィックス・スタイルという最高のおもてなし。

自由に選んでおふたりだけのオリジナルコースに

それは、前菜からメインディッシュにいたるまで、春夏秋冬それぞれの季節ごとに考案されたメニューリストの中からおふたりが選ばれた一皿を自由に選んで組み合わせられるスタイルです。
ゲストの顔ぶれに合わせたおふたりオリジナルコースでおもてなしいただけます。

ブライダルフェア

イチオシフェア

ブライダルフェア一覧はこちら